いい靴を履く価値とは。いい靴とは?いい靴を履いてどうなるのか解説。

革靴

よく、できるビジネスマン、ビジネスパーソン、一流の人は「いい靴」を履いていると

言われています。

なぜ、そのような人々は「いい靴」と呼ばれるものを選んでいるのでしょうか。

なぜ、「いい靴」を履くのでしょうか。

そもそも「いい靴」とは何でしょうか。

「いい靴」を履いてどうなるのでしょうか。

本日は、

「いい靴を履く価値」について解説していきます。

「いい靴」について

いい靴とは何か。

皆さんの考えるいい靴とは何でしょう。

外を歩ければ良いものでしょうか。

本革製品でしょうか。

製法がしっかりとしているものでしょうか。

歩きやすく疲れにくい製品でしょうか。

有名ブランドの商品でしょうか。

人それぞれ価値観は異なります。

しかし、私の考えるいい靴とは、

しっかりと手入れのできる、手入れのしてある靴

その人合っている靴だと考えています。

手入れのできる靴とは。

手入れのできる靴とは、本革でソール交換のできる靴と考えています。

もちろん、安い合皮のセメンテッド製法の靴も手入れはできますが、手入れのしがいがありません。

2000円の靴に、月に1回、1時間かけて靴磨きをして、

鏡面磨きをしている人が世の中にどの程度いますでしょうか。

全くのゼロではないと思いますが、ごく少数だと思います。

それよりは、本革でエイジングの楽しめる本格革靴の方が手入れのしがいがあり、

靴自体にも愛着がわくのではないでしょうか。

愛着がわけば、自然と手入れをしますよね〜。

個人的には、やはり「グッドイヤーウェルト製法」の革靴がオススメです。

一流と呼ばれるものを人々はなぜいい靴を履くのか

靴は身だしなみの1つと理解している

人の第一印象は3〜5秒で決まるとされています。

メラビアンの法則では、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、話の内容が7%と

提唱されています。

目から入ってくる情報が半分以上ということで、見た目がいかに重要かがわかります。

以前、靴がきれいだということはどういうことか。どういう人か。でも書かせていただきましたが、

一流の人は

目に見えない(見えづらい)部分にもきちんと配慮ができる、

きめ細かな対応ができる人

第一印象で思われることの重要性を理解しています。

つまり、いい靴=手入れの行き届いている靴を履くことにより、相手から

「信頼」を得ているです。

メンテナンスを行う事による価値を知っている

本革の靴で、数回ソール交換のできる靴を履くと、愛着がわきますよね。

長年履くことのできる靴は、長年に渡りメンテナンスをしっかりと行われてきた証拠です。

メンテナンスを面倒がらずにしっかりと行えるのは、

マネジメント力にも長けていることを表すことができます。

靴磨き用クロス【ポイント10倍】ムートンクロス グローブクロス【あす楽】

靴は履く人と一体化するもの

靴は、生きた素材であることを忘れてはならない。

死に絶えることなく、いつまでたっても生き物のように、

履く人と一体化するものである。

レオナルド・フェラガモ

*レオナルド・フェラガモは、あの有名なサルヴァトーレ・フェラガモの次男。

いい靴を履く価値とは

いい靴とは、自分自身に合っているものであり、修理しながら、メンテナンスしながら長年履けて

自分自身を成長させてくれる。

自分自身を語らずとも表現できるスペシャルなツールの一つであり、

靴1つで信頼を勝ち得ることができる。

いい靴を履く価値とは、高級品やブランド品を買って

履く自己欲求を満たすということではなくということではなく、

その靴を履くことにより、社会的な信頼を身にまとうということではないでしょうか。

グッドイヤーウェルト製法の靴でのオススメ 3万円以下

いい靴は高級品でなくて良いのです。

ソール交換をしながら履ける靴=グッドイヤーウェルト製法の靴でのオススメをご紹介します。

スコッチグレイン SCOTCH GRAIN クォーターブローグ WEBMODEL NL4130BL(EEE)
created by Rinker
¥28,600 (2024/06/15 10:56:13時点 楽天市場調べ-詳細)



コメント

タイトルとURLをコピーしました